気まぐれphoto blog

山や野原、散歩の途中で出会った花や風景を撮りました。 撮影日時と少しずれるときもあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春爛漫の京都(2)

Img_8533s.jpg


昨日の激しい風雨で関西の桜もお終いになりました。
2日ほど前の京都府立植物園の紅枝垂れ桜をあわててアップです。

ここでも例年よりも花数が少ないようで、カメラを持った人たちがぼやいていました。
私は結構きれいだと思ったのですが・・・。
例年はどんななんでしょう。来年の楽しみが出来ました。



Img_8512s.jpg


ちょっとごちゃごちゃしてしまいましたが、ほぼ満開に近いようです。


Img_8598s.jpg


植物園を出て鴨川沿いの桜並木を歩きました。
片側は鴨川の流れがゆったりと流れ、気持ちが落ち着きました。


Img_8604s.jpg


川の向こう側はソメイヨシノがまだ健在のようでした。
こちら側は紅枝垂れ桜のトンネルが続いています。

Img_8599s.jpg


ここでカメラを持ったおじいさんに話しかけられ、「こんなに花が少ないのは珍しい・・・。
京都では今年は平安神宮の庭園の枝垂れ桜がいちばんすばらしい」と。
「これから回られてはどうですか・・・」と薦められました。

今年は長いこと桜を楽しみました。
どちらかというと苦手なお花だったのに写真はいつもよりたくさんと撮った気がします。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/14(土) 12:28:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<水辺にも春 | ホーム | 春爛漫の京都>>

コメント

さくら

たくさん花を付けてるようですが、
おじいさんは少ないと言われましたか?
やはり毎年見てる方は正確に記憶してるんですね。
2枚目がいいかと思いました。
  1. 2007/04/16(月) 20:33:13 |
  2. URL |
  3. 和さん #JalddpaA
  4. [ 編集]

和さん

そうなんですよ・・・。
例年だとどんなになるのでしょうね?

京都は大きなカメラを抱えて人がどこにでもいました。
みなさん毎年の常連さんのような感じです。
それだけ魅力があるのでしょうね。

2枚目 ありがとうございます。
ちょっとごちゃごちゃしてしまいましたが春爛漫の感じはするのではないかと・・・。
  1. 2007/04/17(火) 07:43:58 |
  2. URL |
  3. KAEDE #-
  4. [ 編集]

繊細な感じが好きです・・

KAEDEさん、こんばんは ^-^*
春爛漫の京都、どちらも素敵でした。
すごく繊細な感じがして、憧れてしまう風景であり・・何度見ても好きな写真ばかりです。
京都と聞くからでしょうか?
よけいに憧れてしまいます(笑)
佐渡の桜は、これからです・・KAEDEさんみたいには撮れないけど頑張ります。^^
  1. 2007/04/18(水) 00:25:43 |
  2. URL |
  3. maki #-
  4. [ 編集]

makiさん

お早うございます。
これを撮ってからまだ何日も経っていないのに、なんだか遠いことだったような気がします。
それだけ季節の移り変わりが速いのでしょうね。

京都は独特な雰囲気があるのかもしれません。
それが魅力のひとつになっているのでしょうね。
私は比較的近くに住んでいますので
度々行くことができるからその面では恵まれているのかもしれませんね。

makiさんの桜 楽しみにしています。
  1. 2007/04/18(水) 07:59:14 |
  2. URL |
  3. KAEDE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inaba8209.blog13.fc2.com/tb.php/299-6648f026

KAEDE

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。