気まぐれphoto blog

山や野原、散歩の途中で出会った花や風景を撮りました。 撮影日時と少しずれるときもあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

河川敷の花たち(2)

Img_9311a.jpg


河川敷にはたくさんのイネ科の植物が生えています。
イネ科の植物は名前を探すのが大変でいままで通り過ぎてきましたが
あまりにもユニークな花に出会ってしまいました。

カラスムギ(烏麦)
イネ科カラスムギ属
原産地はヨーロッパから西アジアにかけての地域。
これから栽培化された穀物がエンバク(燕麦)と呼ばれているようです。
日本では帰化植物として春から初夏にかけて花を付けます。

ドライフラワーにしたら面白そう・・・。


Img_9348s.jpg


これもよく目にする植物ですね。花が可愛いです。

ネズミムギとよばれヨーロパからアジア西部が原産地といわれています。
別名 イタリアンライグラスとよばれ、牧草として導入されたが、その後緑化などに利用されているので、各地の道路沿いの草地などによく生育している。


Img_9328s.jpg


メヒシバ(雌日芝)
イネ科
オヒシバ(雄日芝)に対比されるものです。オヒシバににらべてやさしいイメージであるところから名づけられたようです。

小さい頃この穂で遊んだことを思い出しました。

Img_9321s.jpg


コバンソウ(小判草)
イネ科
別名 タワラムギ(俵麦)
こんなに小判がざくざくあったら・・・と思うほど群生しています。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/28(月) 16:39:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<河川敷の花たち(3) | ホーム | 河川敷の花たち>>

コメント

イネ科

カラスムギも、ネズミムギもちょうど花が咲いてますね。
とてもいい写真です。
名探しが大変ではありませんでしたか?
そのことを思うとつい避けてしまいます。
小判草も可愛いですね。大判はありませんでしたか?
  1. 2007/05/29(火) 10:12:18 |
  2. URL |
  3. 和さん #JalddpaA
  4. [ 編集]

和さん

イネ科の植物は今までパスしていましたが
カラスムギの不思議な花に出会ってしまって興味津々・・・。

コバンソウはもうすごく大変なほどザクザクありましたが
オオバンソウは見かけませんでした。
この生態系も来年はまた変わるのでしょうか・・・。
  1. 2007/05/29(火) 16:15:27 |
  2. URL |
  3. KAEDE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inaba8209.blog13.fc2.com/tb.php/318-5e16069e

KAEDE

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。