気まぐれphoto blog

山や野原、散歩の途中で出会った花や風景を撮りました。 撮影日時と少しずれるときもあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光と影

IMG_1847s.jpg

あまりにもいい天気だったので光が強すぎて写真には無理がありそうなので
光と影だけを追ってみました。



IMG_1843s.jpg

清水寺の周りにはこんな竹垣がたくさんありました。


IMG_1794s.jpg

通り道の民家の塀。


IMG_1767s.jpg

門の一部が光を受けてドキッとするぐらい鮮やかでした。


IMG_1854s.jpg

おまけです。

手洗い処の水の紋も不思議な模様を作っていました。


スポンサーサイト
  1. 2011/02/24(木) 14:13:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<春の日に | ホーム | 快晴の京都>>

コメント

建造物も良いですね

コンニチハ。
KAEDEさん・・、あちらこちらへと精力的に活動されていますね!
お元気な証拠、いつまでも維持していって下さい。

大自然から早春の京都・・目先ががらりと変わりましたね(^_-)
一枚目ドキリとさせられました・・大好きです。
KAEDEさんの視線がほんとお勉強にもなります~。
すご~く楽しませてもらっています♪
それと・・今頃になって・・、やっぱりカメラのこと少しは勉強しないとってね。

  1. 2011/02/25(金) 11:31:25 |
  2. URL |
  3. yuuyu #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

yuuyuさん

すっかり春らしい日が続くようになりました。
ぽかぽかな春の日差しにじっとしていられなくて・・・京都へ行ってきました。
京都は自宅から電車で30分余り・・・。
近いのでたびたび出かけてしまいます。

京都独特の雰囲気が色濃い清水寺、八坂神社界隈は
いつ行っても人がいっぱい・・・。
でもそれがまたいいのですよ。
  1. 2011/02/25(金) 15:14:56 |
  2. URL |
  3. KAEDE #-
  4. [ 編集]

竹。ならでは切り口が、
普段は厳しい物を感ずるはずなのに、
美しいひかりの中に、
とっても洗練された美しさを感じます。
  1. 2011/02/25(金) 23:20:48 |
  2. URL |
  3. 和さん #JalddpaA
  4. [ 編集]

和さん

京の街には竹がよく似合います。
塀や垣など京都独特の趣がありますね。

この竹の塀?は清水寺の近辺でたくさん見かけましたが
なにか意味があるのでしょうかね・・・。

これから桜の季節になるとまたごった返しの街になるのでしょう・・・。
  1. 2011/02/26(土) 10:43:58 |
  2. URL |
  3. KAEDE #-
  4. [ 編集]

KAEDEさん、こんにちは。
きれいですね~。
いつかどこかで見たような・・という懐かしさと
ああ、こんなに影(光)ってきれいなんだなという
新たな思いが生まれて
キュンとします^^。
  1. 2011/02/28(月) 16:49:44 |
  2. URL |
  3. kiri #/QjCk4EU
  4. [ 編集]

kiriさん

すっかり春らしい日が続くようになりましたね。
京都も暖かかったです。
でもものすごい人・人・人でした。
いつも一緒ですね。

最近影が気になるようになりました。
すごく奥が深いような気もして不思議です・・・。
  1. 2011/03/01(火) 19:11:47 |
  2. URL |
  3. KAEDE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inaba8209.blog13.fc2.com/tb.php/741-505cf4da

KAEDE

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。