気まぐれphoto blog

山や野原、散歩の途中で出会った花や風景を撮りました。 撮影日時と少しずれるときもあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仁和寺

IMG_2696s.jpg

遅咲きの桜を見るために京都の仁和寺に行ってきました。
ここは御室の桜とよばれる遅咲きの桜で有名なところだとか・・・。
京都の桜ではいちばん遅く花を咲かせますが・・・。

でも御室の桜はまだ固い蕾で花を見ることはできませんでした。


IMG_2729s.jpg

一際目を引く赤い建物の側にはしだれ桜が見ごろになっていました。


IMG_2713s.jpg

ここでは桜のほかミツバツツジが見ごろを迎えあでやかな花をつけていました。


IMG_2750s.jpg


IMG_2766s.jpg

五重塔の前のしだれ桜もちょうど見ごろでした。



スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 10:34:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<春 マクロ | ホーム | 桜舞う>>

コメント

KAEDEさん こんばんは。
すご~い! 豪華な桜・・、さすが京都ですね。
桜の木にさえ歴史を感じてしまいます。
ミツバツツジをバックに撮影された一枝の桜がとっても素敵です。
素敵なお写真見せていただきありがとうです(^_-)


  1. 2011/04/16(土) 23:51:07 |
  2. URL |
  3. yuuyu #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

KAEDEさん

桜の和の雰囲気が伝わります。

明るい空気が漂ってますね。
ようやくKAEDEワールドが再開しよかった。
春本番ですね。
  1. 2011/04/17(日) 10:53:40 |
  2. URL |
  3. kazebyu #mQop/nM.
  4. [ 編集]

おはようございます。
京都の桜は特別な趣があるように思います。
私はどちらかというと野にある自然の桜が好きなのですが
最近建物の中に咲くさくらもいいなぁ・・・と思いだしました。
年齢を重ねたせいかもしれません。

ここでは御室の桜が見たかったのですが・・・。
なかなか思うようにはいきませんね。
鮮やかなミツバツツジがとても印象的でした。
  1. 2011/04/18(月) 08:46:44 |
  2. URL |
  3. yuuyuさん #-
  4. [ 編集]

すごく大きなミツバツツジですね。
色もすごく鮮やか。
枝垂れ桜も咲き始まったんですね。
お寺の黒い瓦に良く似合います。
  1. 2011/04/18(月) 19:21:36 |
  2. URL |
  3. 和さん #JalddpaA
  4. [ 編集]

kazebyu さん

昨日の雨でもうすっかり葉桜になってしまいましたね。
京都の桜は特別の感じがするのは私だけでしょうか・・・。
建物と桜がしっとりとマッチしているような・・・。
私もようやくエンジンがかかり始めました。

今年は観光客が少ない(震災と放射能汚染などで)
と聞いていましたがまさにその通り。
特に外国の方々が激減しているようです。
  1. 2011/04/19(火) 11:01:46 |
  2. URL |
  3. KAEDE #-
  4. [ 編集]

和さん

このミツバツツジの色ははっとするような鮮やかさでした。
目当ての御室の桜は見ることができませんでしたが
園内のあちこちに咲いていた鮮やかなこのミツバツツジが華やかで色を添えていました。
いい季節です。
  1. 2011/04/19(火) 11:10:46 |
  2. URL |
  3. KAEDE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inaba8209.blog13.fc2.com/tb.php/747-95db467e

KAEDE

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。